出会い系サイトに関するニュース【知事の出会い系利用について】

援助交際は面倒…でもエッチな出会いを探したい!そんな人におすすめなのが合法アダルト掲示板。セフレ探しにピッタリ。即会いも可能な大人向けの出会い掲示板です。援交しなくてもワリキリで出会えるコツ!話題の恋愛専用の出会いアプリが進化しまくってるのをご存知ですか?男性にも女性にも今注目されている出会いSNSを上手に活用して、援助交際に頼らない出会い探しを始めよう♪また、昨今問題視されている援助交際の罪と罰についても詳しく解説中です。未成年との援助交際は犯罪です。援助交際なんてバレなきゃOKと思っているアナタ!きちんと援助交際の刑法を知りましょう。かつて援助交際をしていた女性に聞く、なぜ援交に手を出してしまったか、など出会い系を正しく活用する上での大切なことなど。

援助交際に頼らないセフレ作りアダルトSNS掲示板


出会い系サイトを利用したとされる新潟県知事

2018年4月17日、文春によって新潟県知事・米山氏が、出会い系サイト・ハッピーメールで女子大生と援助交際との記事を掲載するとの一報が。
知事は翌日、記事の掲載予告を受けて辞任する意思を固め、記者会見をした。

出会い系サイトの利用が問題なのか?援助交際が問題なのか?

辞任の理由は知事として相応しくない行動を取ったことで県民の理解を得られない為とのこと。
実際にこの一件では刑事的処罰はなされないものと思われます。また、援助交際の相手を知る男性から金銭の要求があったそうで、それを断ったために週刊誌へネタを売られてしまったとう流れのようだ。


【報道概要】記事詳細

  • 米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。
  • 「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。
  • 月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。
  • 「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。
    もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)
    米山氏は「週刊文春」の取材に対し、A子さんも含めた複数の女性との援助交際について、事実関係を認めた。

    地位のある男性も使う出会い系の魅力とは

    県知事は記者会見で、疲れていて癒しを求めていたというような弁解をしています。実際に知事は見た目はお世辞にもイケメンとは言えないタイプで、東大を卒業し弁護士免許と医師免許を持った超絶エリートでありながらも独身でした。
    金銭を渡したのはあくまでも女性の歓心を得たい為だったとのことで、言い訳と捉えることもできますが半分は本心なのではないかと思います。
    地位やお金があっても虚しい寂しい、そんな時に女子大生とちょっと楽しい想いをして癒されたい。一般男性なら誰でも解る心境でしょう。
    知事はその後、出会い系の女子大生とは1年ほどで別れ、知人の紹介で一般女性とお付き合いされたそうです。金銭のやり取りのない恋愛というのは、こんなにも気が楽なんだと思ったと素直に述べています。
    出会い系の女子大生と交際していたのは知事になる前で、落選を繰り返していた時期とも重なります。知事でなく一般のサラリーマンであったなら…と思わずにはいられません。
    独身でお相手も未成年ではなく、売春斡旋業者を仲介しているわけでもない。楽しいデートの見返りに少しお小遣いを渡しただけ。恋愛との境界線は曖昧です。
    知事はその女性を好きだったし、相手も一緒に居て楽しいということを言ってくれていたと話しています。女性はおそらくその後、知事に金銭を要求していたとみられる男性と知り合ったのではないでしょうか。
    出会い系における援助交際の最悪なパターンだったといえるでしょう。
    援助交際を推奨はしませんが、なんとも切ない新潟県知事に少しばかり同情していますのでした。



    ハッピーメール,出会い


    出会い系って本当に出会えるんだな!と話題のハッピーメール

    知事の辞任で幕を降りた一件ですが、一報で「出会い系って本当に出会えるんだ」「女子大生と援助交際してる人が本当にいたんだ」などの声があがっています。
    確かに、出会い系と聞いただけで倦厭していた人たちには、出会い系が本当に出会える場所だという認識はあまりなかったのかもしれません。
    出会い系を利用している人なら「ハッピーメールとか超大手じゃん」って感じですが、知らない人は知らないものなんですね。
    援助交際ばかりがクローズアップされてしまいがちですが、セフレや不倫相手、浮気相手、一晩限りの割り切りの相手などを探す人に出会い系は必須です。
    女性のセフレを探す人のほとんどが専用の出会い系サイトを使っているとされています。普通に考えたらツイッターやフェイスブックでセフレ募集なんてしませんよね(笑)
    今回の知事のように最悪な結末を迎えてしまうケースも稀にありますが、ほとんどの人は日常的に出会い系サイトを利用して、出会い目的に見合った相手を見つけています。
    大手出会い系ならば個人情報についても安心できますし、なによりも登録人数が多いことで出会いの地域や好みの相手が見つかる可能性が大きく広がります。