出会い系サイトや恋愛系コミュニティーを利用する時の注意点

援助交際は面倒…でもエッチな出会いを探したい!そんな人におすすめなのが合法アダルト掲示板。セフレ探しにピッタリ。即会いも可能な大人向けの出会い掲示板です。援交しなくてもワリキリで出会えるコツ!話題の恋愛専用の出会いアプリが進化しまくってるのをご存知ですか?男性にも女性にも今注目されている出会いSNSを上手に活用して、援助交際に頼らない出会い探しを始めよう♪また、昨今問題視されている援助交際の罪と罰についても詳しく解説中です。未成年との援助交際は犯罪です。援助交際なんてバレなきゃOKと思っているアナタ!きちんと援助交際の刑法を知りましょう。かつて援助交際をしていた女性に聞く、なぜ援交に手を出してしまったか、など出会い系を正しく活用する上での大切なことなど。

援助交際に頼らないセフレ作りアダルトSNS掲示板


当サイトでは登録タイプの出会い系サイトを推奨しています。
年齢確認の無い非登録タイプの出会い系サイトは非常に危険です。


“出会い系”を使った児童買春は未成年者も処罰対象の方向へ向かっています。未成年の出会い系サイトは禁止されています。

いわゆる“出会い系”サイトの法的規制に関する中間検討案では18歳未満の誘った側の児童も罰則の対象にすべきとされ近年では、買春側だけではなく売春側の規制も重要視されています。
警察庁の資料によれば、平成14年度上半期に“出会い系”サイト絡みで発生した事件の検挙件数は793件で、そのうち400件が児童買春だそうで、これら全体の犯罪における被害者総数は上半期だけで692人に達し(平成13年は通期で757人)、そのうち女子高校生が335人、女子中学生が173人となっています。安易なお小遣い稼ぎとして未成年の援助交際行為が横行しており、女性自身も危険な状況に巻き込まれるケースが多く見られます。

重要な点は、児童買春400件のうち手口が判明した211件をみると、198件が女性児童側から誘っていると言うことです。手口別では、「メル友募集」のような一般的な自己紹介から売春に発展したものは37件(児童から34件、大人から3件)に過ぎず、お小遣いをあげる/貰うことを条件にした交際勧誘が58件(児童から50件、大人から8件)、性交渉そのものを目的とした勧誘が62件(児童から60件、大人から2件)、“援助交際”専用サイトからの勧誘が54件(児童から54件)といった「不正勧誘」が174件だそうで、そもそも相手が未成年と知らずに買春してしまうケースや、後から児童買春であるとして脅されるなどの悪質なケースもあり非常に危険です。

出会い系サイトは日常では得られない新しい出会いをもたらしてくれる半面、危ない落とし穴があることも事実です。危険をできるだけ回避する為の心構えを持ちましょう。
年齢制限のある出会いの専門サイトを利用するのもひとつの安全策です。出会い専門だからこその安全対策があるからです。年齢認証や多重登録を防ぐ電話番号登録など、非登録タイプのサイトや一般SNSとは安全精度が違いますので、大人の出会いを探したいならこそきちんと管理された出会い系サイトをおすすめします。